「自ら学び、考え、行動する人財」を育成します



アイ・ラーニング フォーラム 2017 開催報告

アイ・ラーニング フォーラム 2016 開催報告

2017年9月、アイ・ラーニング主催イベント「アイ・ラーニングフォーラム 2017」が東京・大阪にて開催されました。
今回は各種アワード受賞者を含む、業界キーパーソンとなる6名の外部ご講演者をお迎えしたこともあり、東京・大阪ともかなり早い段階で満席となりました。また、初めて懇親会も実施し、お陰様で盛況のうちに終えることができました。ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

今回のフォーラムは、“デジタルビジネスで勝つ”として、デジタル化していく世の中で、変化に適応していくための学びやスキル、これからの働き方にフォーカスを当てて実施いたしました。また、ワークショップ形式のセッションでは、参加者自身の気づきを意識してもらえる内容を取り入れました。


各セッションの簡単な紹介と、資料のダウンロードについてご案内しておりますので、参加された方も、されなかった方もぜひご覧ください。
(※ご了解を得られたセッションのみ、資料・動画を公開しております。予めご了承願います)

※ 詳しいアジェンダについては、フォーラム特設サイトをご覧ください。

【 ご挨拶 】


弊社社長 片岡より、デジタル・ビジネスと仕事、学び、生き方について、マインドセットを変える必要があるとして、創造性やチャレンジなどの重要性をお伝えしました。「マシュマロ・チャレンジ」(パスタやマシュマロなどで最も高いタワーを作るゲーム)の実例で、CEOや弁護士よりもトライ&エラーをする幼稚園児のほうが優れている話をご紹介し、これからのデジタルビジネス人財づくりには、世界の見方を変え、価値観を変え、Work(仕事)をwork (作品)へ変えることが大切だというお話をさせていただきました。[東京・大阪]



【基調講演】


■「人工知能の現状と未来の働き方への提言」
人工知能学会会長である山田様より、現在のAIを取り巻く状況や、AIブームの歴史や背景を踏まえつつ、現実のAIの得手・不得手について具体的な例を出してご紹介していただきました。そして、未来の働き方について、人間の仕事がまるまるAIに置き換わるのではなく、人間とAIが一緒に働く社会になり、そのためのAIリテラシーや、AIの目利きのエンジニアが必要になっていくというお話をいただきました。[東京・大阪]



【特別講演】


■「これからの時代の考えぬく力」
トラストバンクの代表取締役である須永様より、起業に至るまでのご自身の経験談をお話されました。就職したITベンチャー企業の社長に起業の相談をしたところ、全てのミーテイングに同席することになり、そこで「考え抜く力」の大切さを学んだそうです。デジタル時代だからこそ、思いつきではなく、掘り下げること、考え抜くことが大事だということを強く語られていました。[東京]



■「JALの分析人材 ~自分で分析できるマーケターを育成~」
日本航空のアシスタントマネジャーである渋谷様より、自社のWeb販売の実数値を交えながら、分析の効果と重要性についてお話し、今後必要なのは世間で思われがちな分析の専門家ではなく、自ら分析できる社員だというお話をいただきました。また、その育成に向け、分析スキルのステップアップ方法やよく使われる統計手法などについて、具体的にご紹介いただきました。[東京]



■「加速するITビジネスの新陳代謝 ~『できる』人財がいなくなる前に~」
ネットコマースの代表取締役である斎藤様より、クラウド・ビジネスやデジタルトランスフォーメーションについて、具体例を挙げながら、表面的ではなく本質的に考え直す必要があることをお話していただきました。また、システム開発のビジネスも仕様通り作る世界から、ビジネスの成果に直接貢献する世界に変わるとし、これまでとやり方を根本的に変える重要性を訴えていました。
[東京・大阪]





【 セッション 】


■「AI時代を見据えた新しいビジネスへのアプローチ ~Watsonが広げるビジネスの可能性~」
日本IBMのテクノロジー・エバンジェリスト/シニア・アーキテクトである石井様より、デジタル変革の事例として「モノ」の本質の変化、働き方の変化、人工知能による変化の3つを挙げ、それぞれをビデオで具体的に分かりやすくご紹介いただきました。また、デジタル変化における新たな経営資源への取り組みや、意識変革の重要性をふまえて、これから企業が取り組むべきポイントについてお話をいただきました。[東京]



■「ヒトとIT。ふたつが揃った企業だけが生き残る」
エモーションソリューションズの代表取締役社長である飯塚様より、自身が「アナログ(ヒト)」の芸能界から「デジタル(IT)」の業界へ移る体験を踏まえて、自分を知り、自分をプロデュースするセルフブランディングの重要性を、社名・肩書無しの名刺交換のワークショップを通してお話していただきました。
[東京]



■「脳科学で学びを斬る! ~マイクロラーニングの正体とその効果~」
弊社取締役の加藤からは、今までの学びとこれからの学びについて、脳の仕組み「記憶」「発想」「Growth Mindset」の3つの観点からご紹介し、それぞれにおいてのマイクロラーニングの効果について説明しました。また、マイクロラーニングの影響と活用方法について触れ、学びやすさや行動変容などの大切さをお話しました。[東京・大阪]





■「自社の人財育成の課題を深耕する」(ワークショップ)
弊社のコンサルティング事業担当の川野より、人財育成のフレームをご紹介しながら、自社の人財マネジメントがどうなっているかの簡易診断のアセスメントシートに記入をしていただきました。記入後は、小さなグループとなって、その結果について、自社の話や比較についてディスカッションを行いました。普段なかなか他社の人と話せない内容のこともあり、大変盛り上がりました。[東京・大阪]




■「未来を勝ち抜く企業へ!国連採択カードゲーム「2030SDGs」を体験!」
弊社SDGsファシリテーターの吉澤より、国連サミットで採択されたSDGsとSDGsカードゲームについて説明を行い、早速体験していただきました。通常より大幅に短い時間での体験となりましたが、現実世界を模したゲームではお客様同士で活発なやりとりがあり、2回実施した中で、皆さんが多くの気づきを得たようでした。[東京・大阪]






開催概要

開催日程: [ 大阪 ] 2017年9月 8日 (13時00分~17時00分)
[ 東京 ] 2017年9月14日 (13時00分~17時00分)
会場: [ 大阪 ] ツイン21MIDタワー
[ 東京 ] ベルサール東京日本橋
参加費: 無料 (事前登録制)
主催: 株式会社アイ・ラーニング

※詳しいアジェンダについては、フォーラム特設サイトをご覧ください。



お客様の声(フォーラムアンケートより)

  • ITを使いこなして本来の人間らしい働き方についての話を聞けて、大変参考になり、テーマ「デジタルビジネス」を考えるきっかけになりました。
  • IT、AIといった、今後、人間との共存でクローズアップされるテーマについて、分かりやすく話してくれたような気がします。
  • ITとの独自の切り口が興味深かったです。勉強になりました。
  • 短時間にコンパクトに多くのテーマを聞けてよかった。
  • カードゲームのように、その場で手と頭を使ってのセッションは別の機会で試したくなります。

お問い合わせ先

フリーダイヤル
0120-623-629
土、日、祝 
弊社休業日を除く 9:00~17:00

お問い合わせフォーム